仕入条件改善もあり営業増益

クラビット ジェネリック
http://e-evian.jp/levoquine500/

1Qは既存店3.2%増収、仕入条件改善もあり営業増益
14/5期1Qの連結業績は売上高が前年同期比14%増の938億円、営業利益が同7%増の52億円となった。新規出店は関西に2店、中国に3店、四国に1店、九州に8店の計14店(前年同期は7店)。42店(同32店)の棚替・改装も行った。消費者の日用品などに対する低価格志向は依然として強く、ディスカウント(低価格)戦略が顧客の支持を獲得。既存店売上高は6月が前年同月比5.0%増、7月が同2.4%増、8月が同2.2%増。台風などマイナス要因もあったものの、1Qでは前年同期比3.2%増(月次増減率の単純平均)となった。新規出店コストの増加に加え、12年秋からパート社員の処遇を改善した影響や人員の増加などから販管費は膨らんだものの、仕入条件の改善による粗利益率の向上や既存店の増収効果でカバー。営業増益となった。
会社側は期初に発表した14/5期の連結業績計画を据え置いた。上期は売上高1800億円(前年同期比13%増)、営業利益81億円(同3%減)、通期は売上高3700億円(前期比12%増)、営業利益157億円(同1%増)を計画。会社は1Qの業績について、販管費はほぼ想定線だが、売上高・売上総利益が社内予算をやや上回ったとコメントしている。通期の既存店売上高の前提は同1.5%の増加(上期、下期ともに前年同期比1.5%増)。期初計画では1店舗当たりの人件費が増えるなど、前期に比べて販管費が膨らむため、通期の営業利益は微増にとどまると見込んでいる。通期新規出店計画は65店(前期実績は60店)だが、それ以上を目指す方針。9月の既存店売上高は前年同月比1.2%増と、07年12月からの連続増収記録を更新した。
クラビット ジェネリック
http://e-evian.jp/lquin250/

この記事のトラックバックURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*