ラミトールDT【ラミクタール・ジェネリック】25mg 100錠の激安薬ネット通販

ラミトールDTはラミクタールのジェネリック医薬品で、脳神経の興奮をおさえて、てんかんの発作を予防する抗てんかん薬です。
ほかの抗てんかん薬で部分発作(二次性全般化発作を含む)、強直間代発作、レノックス・ガストー症候群における全般発作などの効果不十分な場合に併用療法に用いられます。
発症し治療が難しいとされる小児のレノックス・ガストー症候群にも使用可能です。
ラミトールDTの有効成分ラモトリギンは、世界中で500万人以上に服用されていて、ニューロンを興奮させる興奮性アミノ酸であるグルタミン酸の遊離を抑制して神経の過剰な興奮を抑え、けいれん発作を起こしにくくします。
またラミトールDTは、双極性障害での抑うつ状態や躁状態の維持療法にも用いられます。

●服用方法
・バルプロ酸ナトリウムを併用する場合
通常、最初の2週間は1回25mgを隔日に経口服用し、次の2週間は1日25mgを経口服用します。
その後は1〜2週間ごとに25〜50mgずつ増やしていきます。
持続用量は1日100〜200mgとし、2回に分割して経口服用してください。
・バルプロ酸ナトリウムを併用しない場合
1.ラミトールDTのグルクロン酸抱合を誘導する薬剤を併用する場合
通常、最初の2週間は1日50mgを1回経口服用し、次の2週間は1日100mgを2回に分割して経口服用します。
その後は1〜2週間ごとに最大100mgずつ増やしていきます。
持続用量は1日200〜400mgとし、2回に分割して経口服用してください。
2.1.以外の抗てんかん薬を併用する場合
バルプロ酸ナトリウムを併用する場合に準じてください。

小児の場合
・バルプロ酸ナトリウムを併用する場合
通常、最初の2週間は1日0.15mg/kgを1回経口服用し、次の2週間は1日0.3mg/kgを1回経口服用します。
その後は1〜2週間ごとに最大0.3mg/kgずつ増やしていきます。
維持用量は、バルプロ酸ナトリウムに加えてラミトールDTのグルクロン酸抱合を誘導する薬剤を併用する場合は1日1〜5mg/kgとし、バルプロ酸ナトリウムに加えてラミトールDTのグルクロン酸抱合を誘導する薬剤を併用していない場合は1日1〜3mg/kgとし、2回に分割して経口服用してください。なお、1日用量は最大200mgまでとします。
・バルプロ酸ナトリウムを併用しない場合
1.ラミトーグルクロン酸抱合を誘導する薬剤を併用する場合
通常、最初の2週間は1日0.6mg/kgを2回に分割して経口服用し、次の2週間は1日1.2mg/kgを2回に分割して経口服用してください。
その後は1〜2週間ごとに最大1.2mg/kgずつ増やしていきます。維持用量は最大400mgまでとします。
2.1.以外に抗てんかん剤を併用する場合
バルプロ酸ナトリウムを併用する場合に準じます。

ラミトールDTはラミクタールのジェネリック医薬品なので、個人輸入代行を使って購入するとかなり費用が抑えられます。
処方箋もなく通販でいつでも好きなときに購入できるので、忙しい方にも通院する時間を取らせません。
長期的に使用するなら、やはり安くて質がよく効率的に購入できるものが一番だと思います。
私がいつも使っている薬の通販サイトだと、ラミクタールの1/4以下の価格で購入することができます。
ラミクタールと同成分のお薬なので、効果も全く変わりありません。
是非一度お試しください。

最安値通販サイト
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
最安値
ラミトール LAMITOR DT 【ラミクタール・ジェネリック】25mg 100錠

この記事のトラックバックURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*